補助照明

光は植物の光合成の基礎であり、フィラーランプは日照不足にもかかわらず植物の光合成を可能にし、植物に彩りを添える。

植物が必要とする光は、主に分光組成と光強度の2つに集約される。すなわち、(a)光のクロロフィル吸収は選択的であり、主要な吸収帯は2つ、青紫色光の中心のための420-470nmと赤色光の中心のための640-680を持っており、めったに黄緑色の光を吸収し、光のこの部分は反射されるので、植物のほとんどは緑色である。スペクトルは一致の条件を満たさない、穀物は普通育たないことができる、この条件はスペクトルの一致の条件と呼ばれる、実用的でない盛り土の光源の選択が無駄であることを見ることができる。(ii)人間と同じように、植物も長い間、昼夜のリズムに適応してきた。夕方の光強度がある限界値を下回ると、光合成が停止し休眠に入るが、この臨界値を光補償点と呼ぶ。光補償点は作物によって異なるが、光補償点を下回ると、光強度の条件である光補給の役割を果たせなくなる。

近年、国内の施設農業の発展は非常に急速であり、ハウスは反季節の果物や花の生産において重要な役割を果たしている。しかし、現在の温室ハウスは一般的に深刻な光量不足に陥っている。光量不足のため、植物は効果的に光合成を行うことができない(光生物学の研究結果によると、植物体の乾燥重量の90%以上は光合成によって生産される有機物である)。光量不足は施設農業の発展を制限するボトルネックとなっており、植物の収量や品質に影響を与えるだけでなく、様々な病害虫の発生にもつながりやすい。   効率的で省エネ、制御可能な光補給システムを人工的に作り出すことは、施設農業を完成させ、施設農業の発展を促進する上で大きな意義がある。

ja日本語
上部へスクロール